医師で資産運用を考えている方は運営方法を心得ておきましょう

男性と女性

失敗しない為に

大勢の人

安心して次の経営者へ

会社の規模に関わらず、会社売却を検討しないといけない場面があります。例えば、事業を継続していく為であったり、従業員の雇用を守り赤字を解消させたい時などです。しかし、買い手側の会社の情報が不十分であったり、適正な価格で売却できなかった結果、会社売却が失敗に終わる事も考えられます。そこで、会社売却を確実に実施できるように、正しい方法を紹介します。会社売却を進めるに当たり、まず最初に理解しておく事は売却の方法についてです。会社売却の主な方法は、事業譲渡と株式譲渡があります。一般的には、株式譲渡のケースが多いです。会社売却の方法を決めましたら、M&Aをコンサルティングしている専門会社と契約を結びます。コンサルティング会社は、なるべく実績が多くてアドバイザー料も明確に提示する会社を選ぶようにしましょう。続いて、買い手会社を探します。その際、会社売却金額の他に従業員の雇用条件なども詳細に示しておきます。候補会社が見つかったら、その会社の経営者と面談を実施します。諸条件で合意が取れましたら、基本合意書を締結します。その後、買い手側による資産査定が行われます。これにより、事業内容や財務状況などを隈なく精査されていきます。この査定結果をもとに、最終契約書が作成されて締結します。その後、決められた期間内で事業の引継ぎを実施します。この会社売却の過程において、コンサルティング会社と如何に信頼を持って進めていくかが重要となります。